今日のハワイ語 | Ānuenue アーヌエヌエ(虹)/ Heluヘル(ハワイ語で数を数えよう)

~今日のハワイ語~

ānuenue <アーヌエヌエ>
【英】rainbow

helu <ヘル>
【英】number, to count
数、数える

Aloha mai kākou!

今日はフラダンサーさんにお馴染みの ānuenue アーヌエヌエ(虹)と、ハワイの数字について習いましょう(o^.^)v

まずは虹と言うと、日本では雨上がりにたまーに遭遇する感じですが、、
ハワイでは、ほぼ毎日のように山の付近で夕立が降るため、かなりの確率でアーヌエヌエ(虹)に遭遇します。
このため、虹に関するハワイ語も当然たくさんあるんですよ。

たとえば、虹のかけら(断片)を意味するオーノヒ ʻōnohi、緑がかった虹を指すハカハカエア hakahakaea、さらに太陽の周りにかかる幻想的な虹(日がさ)はルアホアナ luahoana。

でも中でも一番よく聞くのは、地上に近い位置に、低ーく漂うようにかかった幻想的な虹のウアココ uakoko で、これはフラやハワイ音楽に詳しい人にしか知られていないアーヌエヌエと違い、現地の人たちの間で今でもよく耳にするハワイ語なんですよ!

※初めて読まれる方は、2月から基礎文法をスタートしたばかりですので、こちらの投稿から順番に。Start here to learn basic Hawaiian grammar!

ハワイ語での数の数え方

それでは、まずは1-10までを数えてみましょう!
Let’s learn numbers 1-10 today.

1 ʻEkahi エカヒ
2 ʻElua エルア
3 ʻEkolu エコル
4 ʻEhā エハー
5 ʻElima エリマ
6 ʻEono エオノ
7 ʻEhiku エヒク
8 ʻEwalu エヴァル
9 ʻEiwa エイヴァ
10 ʻumi ウミ

上記の1-9までは全て、エ ʻe で始まりますが、これを取ったり、また ʻa に置き換えることも可能なんですよ。
例えば、カヒ kahi, ルア lua, コル kolu, ハー hā や、アカヒ ʻakahi、アルア ʻalua、アコル ʻakolu…ですね。

使い分けとしては、単に、いち、に、さん、し、と数字を数える時(カウントする時)は ʻe をつけずに「カヒ、ルア、コル、ハー…」 と数え、

ひとつ、ふたつ、みっつ、とか、一個、二個、とか、一匹、二匹、、と何かの数を数えたり、表現する時は「エカヒ、エルア、エコル…」となります。
(※アをつけた数字については、こちらの記事で紹介しています)

使い方は、<1つの>椅子や<2つの>車、、というふうに言う時は、そのまま数字を名詞の前につけて、ʻelua noho エルアノホ<二つの椅子>とするだけです。

ただし kēia ケーイア(this)や nā ナー (the)等が、名詞の前につく場合は、nā puke ʻelua (二つの本) のようにして、修飾したい単語の後ろにつけるんですよ。

これまでに習ってきたハワイ語の形容詞と同じ使い方ですね。

また、ʻe がついた数字(エカヒ、エルア、エコル…)は、序数でもあります。
序数と言うと、一番目、二番目、三番目、、と順序を示す数字ですね。

たとえば、Kamehameha ‘Ekahi カメハメハ・エカヒという場合のエカヒ ʻekahi は、数量ではなく、順番を意味していて、カメハメハさん 1人 という意味ではなく、カメハメハ 一世 という意味ですね💡

For the first two letters (ʻe) in numbers 1-9 may be omitted or substituted with ʻa as in kahi, lua, kolu, hā and ʻakahi, ʻalua, ʻakolu…and so on.
Also these numbers are ordinal numbers as well (e.g., the first, the second), therefore, Kamehameha ʻEkahi means Kamehameha I, not ONE Kamehameha 😉
To say “two books”, you can simply put the number in front of the noun just like you would with ka/ke, but it also functions as a descriptive word (such as nani) and placed after the noun especially when those ka/ke and other kaʻi words are present.

とりあえず数字というと、まずは覚えるしかないので、通勤中でも時々見に来てさっと数回数えるなどして覚えるようにして下さいね。

ちなみに、10以上の数についてはTopページにもリストしてあります。

それではさっそく例文で見てみましょう!

=応用編 (Practice Sentences)=

E helu kākou! (数を)数えよう!
Let’s count!

ʻElua puke kahiko 二冊の古い本
Two books/old (Two old books)

E nānā /i ka hale ʻelima 見て下さい/5つ目(五番目)の家を
Look /at the house fifth (Look at the fifth house)

ʻIke /ʻoe /i nā ānuenue ʻelua? 見えますか?/あなたは/二つの虹が
See/you/the two rainbows (do you see the double rainbows?)

という感じです(o^.^)v

位置や、序数に変わる時のルールはあるものの、それほど難しくなかったですね。

ハワイ語で言う「ナンバーワン!」

さて、メレにも出てきますが、helu + ʻekahi で いちばん! ナンバーワン!という意味になるんですよ💡

日本語で、(誰々さんは)いちばん(良い)!という使い方ほどは多用はされませんが、英語のナンバーワンと全く同じニュアンスなので、覚えておいて、是非会話の中で使ってみたい表現ですね(o^.^)v

ハワイ州のニックネーム

それでは最後に、、
皆さんは、アメリカの州にはそれぞれニックネームがあるのをご存知ですか?
たとえば、カリフォルニアはゴールデンステートGolden State (ゴールドラッシュが由来)、フロリダはサンシャインステート(Sunshine State)☀

そしてハワイ州のニックネームはというと、、

日本ではドラマの名前にもなった(んですよね?)アロハ・ステート(Aloha State)と、オフィシャルではないですがレインボー・ステート🌈(Rainbow State)とも呼ばれているんです。

ニックネームになるだけあって、今日の写真のような二重の虹も珍しくはないんですよ。

そしてこのダブ ル・レインボー、実は 幸運の印 とされていて、見ると良いことがあると言われているんですよ💛

もし日本でもハワイでも見る機会があったら、ポーマイカイ Pōmaikaʻi ! (Lucky!🍀) と言ってみて下さいね (o^.^)v

それでは Happy ʻōlelo day, everyone!

**ハウマーナのためのハワイ語1日1語**

(※この投稿は2015年4月1日の投稿のレッスン内容の再投稿です。またこのサイトの投稿日時はアメリカ合衆国西海岸標準時間です)

※ツイッターTwitter@OleloHIでも同時更新中です
Also follow us on Twitter @Olelohi!
Facebookページへはこちらから

  • カテゴリートップへ戻るハワイ語1日1語 Word of the Day
    ※ハワイ語1日1語カテゴリーの全記事リストは上記リンクページの最下部でご覧になれます。またはこのサイトの全記事一覧サイトマップをご利用ください
  • ホームへ戻る ⤴⤴