ホオポノポノ ~Healing from Hawaiʻi~

Aloha mai kākou e nā hoa!

さて、日本は今日 Ahiahi (evening) Kalikimaka (クリスマス・イブ) ですが、一足先に年越しの話を(o^.^)v

私たち日本人が年末に大掃除をして、大晦日に年越しそばを食べるように、ハワイにも新年を迎えるための古い風習があります。
それが日本でもよく知られているヒーリングセラピーのhoʻoponopono<ホʻオポノポノ>なんですよ。

ホʻオポノポノとは、ハワイでは“Healing of Relationship” とも言われており、言葉そのものの意味は

「物事を本来あるべき姿かたち (pono の状態) に戻すこと」
(Ponoについてもっと読む)

ハワイに限らず、サモアやタヒチなど南太平洋の島々で古来から行われてきたヒーリングの一つで、病気や不穏な出来事は全て、それをとりまく環境になんらかの<間違った所作>(ハワイ語でhala) があり、そのバランスが崩れたためで、これを元のあるべき姿に戻す(正す)ことにより全てを癒そうという考え方です。

現代では特にキリスト教の影響を受けたものなど、ヒーリングとしてさまざまな手法が考案され、ハワイでは刑務所などでも執り行われたりしますが、伝統的なハワイアンの家庭では、年の瀬に家族全員が一か所に集い、一人ずつが年内に各々の間に起こった過ち<hala>について謝罪し、そして相手の許し<kala>を得て、互いの関係を癒していくそうです。

Forgiveness (許すこと) により、間違った状態にあった互いの関係を reconcile (調和)し、家族関係を全て pono の状態に戻して、そして新年を迎えるんですね。

もちろんこれは日本の大掃除と同じで、毎週行う家庭もあれば、病人が出ると即集まったりと、特に年末に限った行事ではないですが、王国時代の人々にとって新年はクリスマスより大きな行事で、家族が集まる最も重要な日であったため、この日の風習となったそうです。

皆さんも今年はぜひ、年越しそばの前に大切な家族や友人とホオポノポノしてみて下さいね。

Aloha!

**ハウマーナのためのハワイ語1日1語**

※ツイッターTwitter@OleloHIでも同時更新中です
Also follow us on Twitter @Olelohi!
Facebookページへはこちらから

(※このサイトの投稿日時はアメリカ合衆国西海岸標準時間です)

  • カテゴリートップへ戻るハワイの歴史と文化
  • ホームへ戻る ⤴⤴