Ka ‘Ohaohala カオハオハラ – 歌詞/訳

 
ʻAuhea e ke ahe makani Peʻehala
Where is the Peʻehala Wind*1
ぺエハラ*1 のそよ風よ、君は今どこに

Pāwali ana i ka Peʻepūhalahīnano
That speaks to the Peʻepūhalahīnano*2
ペエプーハラヒーナノ*2 の雨に甘く囁く

 
ʻO Hāmākua kaʻu e hāʻupu aʻe nei
Hāmākua is what I remember
想い出すのはハーマークア

Kāpaʻipaʻi ana i ka mālaʻe
Flourshing in the calm
静穏の中に生い茂る緑よ

 
 
Aia i ka ʻohaohala aʻo Honohina
There in the luxuriant growth of Honohina*3
ホノヒナ*3 の豊かな森には

ʻOlēhala nā manu i ka ēulu
The birds cheerfully sing in the treetops
木の上で鳥がさえずり

 
 
Ma ʻŌʻōkala ke kai poʻi ʻonaulu loa
The great waves break at ʻŌʻōkala*4
大白波が打ち砕けるオーオーカラ*4

Kahi a nā manu ʻiwa e hoʻolaʻi ai
The place where the ʻiwa birds*5 glide
イヴァ*5 たちが天高く舞うところ

 
 
Puana aʻe nei ka moʻolelo kamahaʻo
Told is the astonishing story
これはとても素晴らしい物語なんだ

O ka ʻohaohala nani aʻo Hāmākua
Of the lush and beautiful lands of Hāmākua
緑豊かなハーマークアの物語さ

 


*1 Peʻehala: Name of Wind associated with Hāmākua (ハマクアに吹く風の名前)
*2 Peʻepūhalahīnano: Name of Rain (ハマクアの雨の名前)
*3 Honohina: Name of Place in Hāmākua District (ハマクア地方の町の名前)
*4 ʻŌʻōkala: Name of Place in Hāmākua District (ハマクア地方の町の名前)
*5 ʻIwa: frigate-bird whose wings can span up to 7.5ft (オオグンカンドリ、翼開長が2.2メートルの大海鳥)


 


 
 
//歌詞の意味・背景の補足説明//

カ・オハオハラは、ハワイ島のノースショア沿いに広がる沿岸地域 ハマクア (ハワイ語ではハーマークア )コーストの美しさを謳ったとっても爽快な歌です♪

このハマクアは、島の東に位置するヒロから、西のコハラリゾートやコナへ北周りで行く時に誰もが通過するところで、断崖絶壁の景観が続く海岸線と、雨に恵まれた緑豊かな大地の中を行く、美しいシーニック・ドライブでもとても有名なところです。

この歌では、1番でこの地方の風、ペエハラを追い、2番で、長崎は今日も雨だった、ばりに、高い確率で遭遇するペエプーハラヒーナノの雨を追い、「雨が風に甘く囁きかける」ハマクアの名所を次々と歌いあげて行きます。

3番の「鳥たち (nā manu) が、高らかに歌う(ʻolēhala) 」ホノヒナ (Honohina)(地図)はハワイ島のヒロから、車でわずか20分ほど、海岸線を北上したところに位置する町です。

そして4番のオーオーカラ (ʻŌʻōkala)(地図)は、このホノヒナからさらに20分ほど海岸線を北西に上ったところです。
Ke kai poʻi は白く打ち砕ける波頭の立つ海、ʻonaulu loa は大波のことで、オーオーカラから車で10分ほど南西に下りたところには、1946年の津波でも知られている、激しく岸に打ち上げる波で有名なラウパーホエホエ(Laupāhoehoe)があります。
(トップの画像は、そのラウパーホエホエですよ!)

これに続く hoʻolaʻi はハンググライダーのように上昇気流に乗って、大空に舞う様子を表す単語で、大きく長い翼を広げたイヴァたち(nā manu ʻiwa)が、このオーオーカラの上空で、悠々と舞い漂う美しい光景が描かれています。

このメレは、音楽がこれまた歌詞と見事に一致していて、最後に作者が、これは とても素晴らしい物語 (ka moʻoleo kamahaʻo) なんだ、と歌っている通り、ハマクアの緑豊かな大地 (ka ʻohaohala nani aʻo Hāmākua) が浮かんできて、何度でも聞きたくなる puana (語り) になっていますよね(o^.^)v

(最後のPuana aʻe nei の aʻe nei は、つい今しがた起きたことを表す語句で、直訳すると<今話した>という意味です)

それでは mele mau kākou!

**メレ集 ~He Mele Nou~**

※ツイッターTwitter@OleloHIでも同時更新中です
Also follow us on Twitter @Olelohi!
Facebookページへはこちらから

(※このサイトの投稿日時はアメリカ合衆国西海岸標準時間です。)