今日のハワイ語 基礎文法編 | クウレイ – Ku’uクウ(私の大切な)/’Aeアイ(はい)

~今日のハワイ語~

kuʻu <クウ>
【英】my
(大切な)私の

ʻae <アイ>
【英】yes, to agree
はい、同意する

※初めて読まれる方は、今月から基礎文法をスタートしたばかりですので、こちらの投稿から順番に。Start here to learn basic Hawaiian grammar! 🙂

アロハ・アヒアヒ・カーコウ!
Aloha ahiahi kākou! (Good Evening)

さて、今日は所有格 kuʻu <私の>を使って、疑問文と受答えを入れた 初の会話文 を作ってみましょう(o^.^)v

ハワイ語で YES か NO を問う文章は、実はとても簡単で、これまで習った文章のまま、少しイントネーションを変えるだけでいいんですよ。

イントネーションはハワイ語独特のもので、表現が難しいですが、日本語のように語尾を上げるというより、最初から気持ちが高揚して声音が上がる感じ(?)に上がっていき、最後にストン、と落ちます。
(実は昨年、語尾をあげる感じでと書き、その後の投稿で訂正したのですが、もし最初の分だけ見てその通りに記憶されていたら申し訳ありませんm(__)m)

For a YES or NO question in Hawaiian (such as “Is this a book?”), the word order remains the same as the affirmative sentence. It only differs in the intonation which goes high earlier in the sentence and drops all of the sudden right before the end of the sentence.

The word kuʻu (my) is usually used with some degree of affection (e.g., my favorite XXX, or my be-loved XXX) while koʻu and kaʻu simply mean “my”. However, We will stick to the word kuʻu for now since the other two are rather complicated in their usage 🙂

また、受答えの ʻAe (はい) は、フラ・カヒコ(古典フラ)を踊られる方はご存知の方が多いと思いますが、日本語のアエよりはアイに近く、イをはっきり言わず、アにアクセントをおいて流す感じです。
またʻAe には同意するという動詞の意味もあるんですよ。

そして所有格の kuʻu クウ<私の>は、どちらかというとお気に入りのものや大切なものなど、幾分愛情を込めて言う場合の<私の>で、単に<私の>という場合は、koʻu<コウ>または kaʻu<カウ>という単語になりますが、ハワイ語は所有格の使い分けが少し複雑なので、それらはもう少し慣れてから習いましょう(o^.^)v

さて、Kuʻu の使い方ですが、これはとても簡単で、これまで習った ka/ke (その), kēia (これ)、kēlā (あれ)と同じように名詞の前につけるだけです。

he puke kahiko (an old book)
kuʻu puke kahiko (my old book)

ですね 🙂

それでは例文を見ていきましょう!

(質問と答えのセットなので、今日はたくさんありますが💦 )

=応用編 (Practice Sentences)=

ʻAe /māua /iā ia. 同意します/私たちは/彼に
Agree/we(2)/to him. (We agree with him)

Akamai /kuʻu keiki kāne? 賢いですか/私の息子は
Smart/ (is) my son? (Is my son smart?)

ʻAe, /akamai nō/ ʻo ia. はい賢いですよー/彼は
Yes, /smart indeed/ he (is).

He puke maikaʻi /kuʻu puke? 良い本ですか/僕の本は
A good book/ (is) my book?

ʻAe, he puke maikaʻi /ia.  はい良い本です/それは
Yes, a great book /it (is).

Aloha /ʻo Leilani /iaʻu? 愛してる?/レイラニは/僕を
Love /Leilani /me?

ʻAe,/ aloha nō/ʻo ia /iā ʻoe. はい/愛してますよ/彼女は/あなたを
Yes, /loves indeed/ she/you (Yes, she loves you indeed)

Hele aku /ʻoe/i kēlā kahakai? 行きますか/君は/あのビーチに
Go /you /to that beach?

ʻAe, hele aku /au /i kēlā kahakai. はい/行きます/私は/あのビーチに
Yes, go /I /to the beach.

Nānā* mai /i kuʻu lei aloha! 見て/私の愛するレイ💛を
Look /at my be-loved lei!
*Nānā: to look, 見る

******

クウレイアロハ (Kuʻu lei aloha) は、kuʻu lei で私のレイ、私のどんなレイかというと、後ろにアロハがついて、愛する(愛しい)私のレイですね(o^.^)v
人の名前や、メレの中で、なんだか聞き慣れた響きですね

また、あなたは?と自分に向かって聞かれたら au <私は>、レイラニさんは?と聞かれたら ʻo ia <彼女は>、、とハワイ語でさっと答えれるように練習してみて下さいね。

それからオキナ<ʻ>についてですが、日本語で<シャッター>というように、丸々一拍とって<ッ>を入れて発音すると確かに行き過ぎな感じになることもありますが、やはり慣れるまではしっかり<ッ>を入れる練習をした方が良いように思います。

単語によって、例えば、ホオポノポノ(ho’oponopono)のように、どちらかというとホーポノポノと流しさえしなければいい感じの単語もあるのですが、フラの入場と退場の kaʻi と hoʻi 等は、しっかり<ッ>を入れて、カッイ、ホッイと発音しないと全く違う意味の単語に聞こえてしまうものもあります。
日本語のシャッターを、英語の Shutterのように速く言ってみると良いかもしれませんね。

また表記上も、カタカナのホッオポノポノや、カイやホイではいずれも違和感があるので、しばらくはオキナを外して書くと以前お伝えしましたが、もう少し慣れてきたらオキナをカタカナ表記にいれるようにしますね。
(なんだか見た目がとても変な日本語になりますが💦)

ちなみに今日の Kuʻu は、実はどんなに速くてもしっかりクッウと発音したい感じの単語です。

クウレイアロハでなく、クッウレイ アロハ🌸ですね(o^.^)v

さて、基礎文法も気がつくと3週間が過ぎましたね。
だんだん慣れてきたと思うので、来週は否定文とちょっと長い(?)文章に挑戦してみましょう!

それではアロハな週末になりますように
Happy Aloha Weekend, everyone 🙂

↓すみません、またFacebookボタン壊れてますね
来週直しますねm(_ _)m

**ハウマーナのためのハワイ語1日1語**

※ツイッターTwitter@OleloHIでも同時更新中です
Also follow us on Twitter @Olelohi!
Facebookページへはこちらから

※内容を大幅に書き換えることがあるため、このサイトの文章はしばらくはコピーができないように設定してあります。ご了承下さいm(__)m

(※このサイトの投稿日時はアメリカ合衆国西海岸標準時間です)

  • カテゴリートップへ戻るハワイ語1日1語 Word of the Day
    ※ハワイ語1日1語カテゴリーの全記事リストは上記リンクページの最下部でご覧になれます。またはこのサイトの全記事一覧サイトマップをご利用ください
  • ホームへ戻る ⤴⤴