今日のハワイ語 | Nohoノホ(住む、座る、椅子)/ Maマ(~に)

~今日のハワイ語~

noho <ノホ>
【英】chair, to sit, live, stay
椅子、座る、住む、滞在する

ma <マ>
【英】in, on, at
(場所・時間において)~に、~で

アロハ・カカヒアカ・カーコウ!
Aloha kakahiaka kākou! (Good morning!)

さて、今日の単語 noho は、椅子という意味の名詞でもあり、住む、滞在する、座るという意味の動詞でもあります。
熟練したフラダンサーが踊るフラ・ノホは 座って踊るフラ のことですね (o^.^)v

i(イ)と ma(マ)の違い

また、二つめの単語の ma (マ) は、英語の in, on, at という意味で、これまで使ってきた i (イ)とほぼ同じように使える単語ですが、英語でいう to <どこそこに>(どこそこまで)という意味は ma にはなく、この場合には、i だけが使われます。

他にも、厳密に言えば、まだ習ってはいませんが、<後方に、後に>という意味の i hope イホペ または ma hope マホペ という表現がありますが、もしも位置でなく、時間的な意味合い(例:後で食べる)に使う時には、i は使えず、ma のみが使われるなどの細かい違いもあります。

また、人によっては i Honolulu ma Hawaiʻi (ハワイのホノルルで)というふうに i を ma よりも狭い範囲で使うという人もいれば、i は<何かが後ろに落ちる>というような<動作>に絡んで使い、ma は<後方に座っている>というような<静的な状況>で使うという人もいます💦

今もかなり話し手によって文法が異なるハワイ語ですが、最近の文法では どちらも同じように使う とするところがほとんどなので、とりあえずはそのように覚えて良いと思います(o^.^)v

Today’s word “ma” means “in, on, at” and it can be used interchangeably with “i” for that meaning. However, “ma” does not have a meaning of “to” as in “I go to school”, and when used in certain terms such as “ma hope” (means AFTER and BEHIND), if “time” is concerned rather than location (AFTER in this case, not BEHIND, then only “ma” can be used, but “i”.
Furthermore, just FYI, some people say “i” to be used for a narrower area compared to “ma” such as “i Honolulu ma Hawaiʻi”, or “i” should be used when the “action” is involved as in “fall behind”, while “ma” is for a “stationary” situation as in “sit behind”.

ではさっそく例文で見てみましょう!

※初めて読まれる方は、2月から基礎文法をスタートしたばかりですので、こちらの投稿から順番に。Start here to learn basic Hawaiian grammar!

=応用編 (Practice Sentences)=

Noho /kāu keiki /ma Kīlauea? 住んでますか/あなたの子供は/キラウエアに
Live /your child /in(at) Kilauea?

ʻAʻole loa! /Noho /kaʻu keiki /ma Kona! いいえ!/住んでいます/私の子供は/コナに!
Not very! /Live /my kid /in Kona! (No way! My child lives in Kona!)

Noho /ʻo Pele /ma Kīlauea 住んでいます/ペレが/キーラウエアに
Live /Pele /in Kilauea (Pele lives in Kilauea)

キラウエアに住む火の女神ペレ

最後の例文の Noho ma Kīlauea は、フラ・カヒコのメレにも出てきますね💡

また、ハワイ島の活火山キラウエアは、ワイキーキー⇒ワイキキと同じく、英語では長音記号のカハコーが落ちてしまって、キラウエアと呼ばれていますが、本来のハワイ語では、キーラウエアなんですよ。

さて、今日の写真は、火の女神ペレが棲むというそのキラウエア・カルデラの噴火口の一つ、ハレマウマウを撮った NASA 撮影の写真です。
多くのフラダンサーさんにとっては踊りながら浮かべる風景の1つですね。

キラウエアは、先日載せたハワイ諸島の写真で見ると、ハワイ島の中央から南部に延びたマウナロアの中央右部分に位置していますが、海に流れ た溶岩が固まり、今でも日に日に島は大きくなっているそうです。

他にも噴火当時の真っ赤な写真もたくさんありますが、個人的には苦手なので、ちょっと平和そうなものにしましたが、青い空に煙が立ち上がるこういう写真も大自然を感じられていいですね (o^.^)v

それでは Happy ʻōlelo day, everyone!

**ハウマーナのためのハワイ語1日1語**

(※この投稿は2015年2月26日の投稿のレッスン内容の再投稿です。またこのサイトの投稿日時はアメリカ合衆国西海岸標準時間です)

※ツイッターTwitter@OleloHIでも同時更新中です
Also follow us on Twitter @Olelohi!
Facebookページへはこちらから

  • カテゴリートップへ戻るハワイ語1日1語 Word of the Day
    ※ハワイ語1日1語カテゴリーの全記事リストは上記リンクページの最下部でご覧になれます。またはこのサイトの全記事一覧サイトマップをご利用ください
  • ホームへ戻る ⤴⤴