今日のハワイ語 基礎文法編 | Pōkole ポーコレ(短い)/ Kēlāケーラー(あの、あれ)

アロハ・カカヒアカ・カーコウ!
Aloha kakahiaka kākou! (Good morning to all of us!)

~今日のハワイ語~

pōkole <ポーコレ>
【英】short
短い

kēlā <ケーラー>
【英】that
あの、あれ

※初めて読まれる方は、先週から基礎文法をスタートしたばかりですので、こちらの投稿から順番に。Start here to learn basic Hawaiian grammar! 🙂

おはようございます。
さて、第2週目の今日は、先週習った語句を使って、いよいよハワイ語の文章を作ってみましょう(o^.^)v

まずはハワイ語の語順について。

文章というと<これは本です>のように、主語<○○は>と述語<XXです>(主部と述部)を含むものを指しますが、ハワイ語の文章は日本語とは語順が逆で、述語が先に来てその後に主語が続きます。
基本は<これは何々だ><誰がどうした>の一番重要な部分<何々だ>や<どうした>が先にくる感じですね。

また日本語のように主部<○○は>や述部<XXです>の<は>や<です>の部分はハワイ語では必要ありません。
なので<これは本です>は、ハワイ語では<本、これ>と言う感じになります。
最初のうちはちょっとぶっきらぼうな言い回し?な感じがするかもしれませんね。

Now let’s make our first sentence using the noun phrases we have created so far last week.
Our first pattern is: “He is a boy”, where both subject and predicate are a noun (or a noun phrase) and this is sometimes called a “verb-less sentence” since no word that is equivalent to the English verb (is, am, are) is used.
Also, in Hawaiian, the PREDICATE comes FIRST then the subject follows after, so it’s almost like saying “A boy, he” or “A nice woman, that”.

それでは、例文を作る前に、軽ーく先週習った語句を復習しましょう。
Before we continue, here is a quick review of the previous lesson using the word “puke” (book).

=復習 (Review)=
he puke <ヘ・プケ>
a book (とある)本

he puke melemele <ヘ・プケ・メレメレ>
a yellow book (とある)黄色い本
(ハワイ語の修飾語は名詞の後ろにつけるんでしたね?)
*Remember in Hawaiian, descriptive word comes after the noun?

それではさっそく初めてのハワイ語の文章を作ってみましょう(o^.^)v
Now let’s compose a Hawaiian sentence.

=応用編=
He puke / kēia.  <へ・プケ・ケーイア>
A book / this (is). (This is a book.) 本です/これは

He puke melemele / kēlā.  <へ・プケ・メレメレ・ケーラー>
A yellow book / that (is).  黄色い本です/あれは

He puke melemele / kēia puke. <へ・プケ・メレメレ・ケーイア・プケ>
A yellow book / this book (is). 黄色い本です/この本は

He lei pōkole / kēia.  <へ・レイ・ポーコレ・ケーイア>
A short lei / this (is). 短いレイです/これは

He hālau kahiko / kēlā. <へ・ハーラウ・カヒコ・ケーラー>
A old halau / that (is). 古いハーラウです/あれは

He wahine ʻoluʻolu / kēlā wahine <へ・ワヒネ・オルオル・ケーラー・ワヒネ>
A kind woman / that woman (is). 親切な女性です/あの女性は

******

どうでしたか?
先週習った語句を並べるだけで、意外と簡単に文章ができましたね(o^.^)v

ところで、今日の単語の kēlā は、最初の長音が短めで、全体的に聞くと<ケラー>と聞こえることが多いです。
また、英語の that と同じく後ろに名詞をつけて<あの>となり、単独では<あれ>(主語)となり、元々は後ろについていた mea (者、物)がとれたものなので、日本語だと違和感があるかもしれませんが にも使えるんですよ。
Kēia(これ、この)と同じですね💡

さて、短いしっぽの猫ちゃん、日本ではどこでも見かけますよね🐱
でもこれって海外ではけっこう珍しく、外国人が日本にきて驚く事の一つなんですよ。

私もずいぶん見ていなかったので、以前視界に入ってきた際に、何かがオカシイ感じで、実はどきっとしました。
ある方のお話によると、実はこれ、日本では昔シッポが長い猫は長生きして化け物になるとかで、忌み嫌われていたことが原因だそうです。

なんとも、、サバイバルの問題だったんですね~
お写真と情報拝借先:blogs.yahoo.co.jp/suntour_hero/34125055.html

さて、今日は初のハワイ語の文章を作りましたが、ハワイ語の文章は何度も繰り返し読んでその語順になれることが とても大切ですので、例文の中の単語を日本語に変えてでも構わないので、通勤中や食事中などふと時間がある時に、

He カバン kēlā (カバンだよ、あれ)
He イケメン kēia (イケメンだよ、この人)
He アイス 美味しい kēia (美味しいアイスだね、これ)

と心の中でそっとつぶやいてみましょう。。

それでは明日は、形容詞を使った文章を習いましょう(o^.^)v
今週もアロハな一週間にとなりますように!

Aloha a hui hou! 🙂

**ハウマーナのためのハワイ語1日1語**

※ツイッターTwitter@OleloHIでも同時更新中です
Also follow us on Twitter @Olelohi!
Facebookページへはこちらから

(※このサイトの投稿日時はアメリカ合衆国西海岸標準時間です)

  • カテゴリートップへ戻るハワイ語1日1語 Word of the Day
    ※ハワイ語1日1語カテゴリーの全記事リストは上記リンクページの最下部でご覧になれます。またはこのサイトの全記事一覧サイトマップをご利用ください
  • ホームへ戻る ⤴⤴